銀行カードローン契約時の審査内容とはどのようなものか

出費の機会というものは思いがけないタイミングで降って湧いてくるものです。特に会社の飲み会やお得意様の接待などの仕事がらみの案件が増えた時などは生活費が目減りしてしまい、金銭の不足が生じてしまうケースも少なくありません。このような事態を解消する上でも銀行カードローンを活用すると便利です。

銀行カードローンは銀行ならではの低金利にて融資を受けることができるのも大きなメリットですし、総量規制の対象外なので年収の3分の1という枠組みに悩んでいる人にとっても大きな利便性をもたらすものと言えるでしょう。

パソコンこの審査においてはまずネットや電話、店舗窓口、無人契約機などを使って申し込みを行いますが、その際には申請フォームに住所、氏名、生年月日、職業、勤務先、年収、希望借入額、家族構成、持ち家か賃貸か、それに戸建か集合住宅かといった住宅の種類も記載する場合があります。また、これに身分証や年収証明書の提示が求められるので事前の準備が必要です。

これから本格的な審査が始まりますが、まずは申請内容を精査した上で、信用情報機関への照会を行います。これによって過去の借入履歴を確認して返済が遅れたり、返済不能になったことがないかを調べます。なおかつ現時点で他の金融会社からの借入がないかどうかもチェックしてその人の信用度を確かめることとなります。

加えて、勤務先への在籍確認も行います。これは申請フォームに記載した勤務先に直接電話をかけて、本人が在籍していることを実際に確かめるという作業です。以上の審査を経て何も問題がないようであれば晴れて通過ということになり、カード発行を受けた時点でATMからの借入が可能となるのです。