総量規制対象外の銀行カードローンの審査基準とは

銀行銀行カードローンは総量規制の対象外ですので、借り入れが可能な枠は年収の3分の1以内までとする貸金業よりも多く借りることができるのではないかと期待をする方もいます。それに、銀行では多く借りられる分、金利が低めに抑えられるメリットがありますので、消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシングから借り換えを検討したり、複数のローン残高を一本化しておまとめローン目的で申し込みをし、金利にかかる負担を減らそうとしたりする利用の仕方を考えたりする方もいるでしょう。銀行の中には、そのような利用目的で借りるのを推進している所も見られます。
一方で銀行カードローンは、金利が低い分、審査に時間がかかったり、慎重になるために時間がかかり即日の融資が難しいこともあります。一見、収入や勤務先等の属性に問題がない方でも、否決になるケースも多いです。消費者金融が保証会社として判断したとしても、合否の基準は銀行に合わせるために難しいこともあります。申し込みをする際には、総量規制よりも少ない金額を希望した方がより通りやすいと思われます。
銀行によっては、アルバイトやパート、専業主婦の借り入れを認めている場合には、収入が低くても返済能力を見て判断すると説明書に記載されている所もあります。ただし、少ないところで利用限度額を10万円以内、多くても50万円以内に抑えている銀行もあり、増枠申請をしても一切認めないことがありますので、それ以上借りたい方は事前に概要書を読んで他の銀行カードローンの申し込みも視野に入れる必要があるでしょう。