住宅ローンと銀行カードローンの審査と返済の基本

相談住宅ローンにも銀行カードローンにも、それ以外のあらゆるローン商品にも、基本的に審査があります。それに通らないことには、実際に借りることはできないのです。もちろん前者のローンは借り入れ金額も大きいので、FP(ファイナンシャル・プランナー)に相談することもあるなど規模の違いはあります。しかし結局、「この人に融資を行っても大丈夫だろうか。ちゃんと約束を守って返済してくれるだろうか」について金融機関が厳正にチェックするという観点には違いは無いのです。
ただし住宅の購入は一生に一度の大きな買い物と言えるのに対して、銀行カードローンでの借入はもっと気軽に利用できるローン商品です。それゆえ借入金額には大きな差がありますので、結果として審査の難易度にはかなりの差があると言えるでしょう。つまり住宅ローンに申請を行うと、一般のカードローンに申請する時よりも間違いなく厳しく厳重に審査を受けることになるのです。
それから忘れてはならないのが、返済についてです。借りたお金は元金に利息を加えて決められた期日までに返さなければなりません。そうした基本は、どんな種類のローン商品でも皆同じです。しかし住宅ローンは借りるお金が大きくなるケースが多いので、返すのも大変です。ですから事前の計画は、他のローン商品よりも入念に立てておく必要があります。絶対に事故など起こさないように、それこそFPの助言を受けつつライフプランを構築して返してゆかなければならないのです。